はまゆう第71号春華秋実はまゆう

会議とは、関係のある人々が集まって、出された問題について意見を述べ、決めること。また、その為の集まり。「口語辞典」
 
小田原城が秀吉の大軍に攻められたとき、城中で重臣達が集まり評定に明け暮れて、結局負けてしまった、小田原評定という話があります。

我々会社でも、日常的に、大なり小なり会議を開いています。
出された問題について意見を述べ、決めたことを確認し合います。しかし確認をしあって、こうしなければならないということがわかっただけで終わることが多いのではないでしょうか。
語るだけの会議ではなく、議論を尽くし、決めたことを実行するための会議でなければなりません。
そうでなければ時間と費用を使うだけに終わってしまいます。
あとは実行することで、はじめて成果をあげられるのです。

「小田原評定」を他山の石として会議に臨みたいものです。