はまゆう アーカイブ

はまゆう

春華秋実〈71号〉

春華秋実 会議とは、関係のある人々が集まって、出された問題について意見を述べ、決める こと。また、その為の集まり。「口語辞典」    小田原城が秀吉の大軍に攻められたとき、城中で重臣達が集まり評定に明け暮れて、結 局負け … 続きを読む

カテゴリー: はまゆう |

春 華 秋 実 <70号>

春華秋実 ある逸話を紹介したいと思います。 「旅人の話」 ある町がありました。一人の旅人がその町にやってきました。 町の入り口の門のところに一人の老人が座っていました。 旅人は聞きます。 「おじいさん、この町はどんな町? … 続きを読む

カテゴリー: はまゆう |

春 華 秋 実 <69号>

中国の古代に晋という国があった。そこで、一人の軍人が昇進することになったところ、彼は「私より年上で優れた人がいます」と辞退を申し出た。それを見習ってみんなが自分をまずおいて他の人を、と譲り合うようになり、晋国は、一時期平 … 続きを読む

カテゴリー: はまゆう |

春 華 秋 実 <68号>

「光陰矢のごとし」。もう年末、そして新年を迎えることとなりました。 時節柄、何かと飲む機会が多くなります。お酒が飲めない人にとっては厳しいし、また飲めたとしてもきれいに飲める人でないと苦労します。自分も不愉快な酒席を何度 … 続きを読む

カテゴリー: はまゆう |

春 華 秋 実 <67号>

 2億5千万年前、全ての大陸が1つに集まり、それが巨大マグマ上昇を引き起こし、地球規模の巨大噴火が発生しました。この為に大気中の酸素が大幅に減少し大量の二酸化炭素が放出され超温暖化や、酷い海洋汚染が引き起こされたと考えら … 続きを読む

カテゴリー: はまゆう |

春 華 秋 実 <66号>

 会社は、大きな目的を果たすため、多数の人びとが関わり結びついてできているのではないかと思う。目標を達成するためには、当然各人がバラバラに仕事を進めていてはならない。それを解消するには、上と下、横と横との間に良いチームワ … 続きを読む

カテゴリー: はまゆう |

春 華 秋 実 <65号>

 昔からおもしろさがつきまとうと言われるのが大阪商法。士農工商と言われた時代「商があって成り立っているんだ」という自負の心根があるのではときいたことがあります。 「やってみなはれ」に象徴されるように、人の気概を大切にする … 続きを読む

カテゴリー: はまゆう |

春 華 秋 実 <64号>

 自分の人生の時間を、時計の時間に例えるとどうなるか。そういう計算方法があるよと、ある本のなかで知り、おもしろい考え方だなと思った。何故なら、我々は時間のなかで生きているといってもいい。いや時間を意識して生きているという … 続きを読む

カテゴリー: はまゆう |

春 華 秋 実 <63号>

先日海外の高校に留学する孫の壮行会があり、集まって下さった皆さんが心温まる言葉をたくさん孫にかけてくださいました。 その中に親と子が離れる事について二つほど印象に残ったものがあります。 一つは、今までは目が行き届くところ … 続きを読む

カテゴリー: はまゆう |

春 華 秋 実 <62号>

「羊頭を懸けて狗肉を売る」という故事成語がある。この言葉は中国・南宋の時代の禅書「無門関」に記されている。それによると当時、羊の肉は非常に貴重な食料であったという。ところが、ある店では、羊の頭を店頭に懸けて客の目を惹くこ … 続きを読む

カテゴリー: はまゆう |